WordPress 2.8.1リリース

7月10日、WordPress2.8.1がリリースされました

日本語版はまだ準備中のようですが、すぐにリリースされるでしょう。

2.8以降の変更点(要約)は以下になります。

  • 一部のテーマにて、2.8では動作しない方法で get_categories() 関数を呼び出している問題に対応。テーマ修正の必要性をなくした
  • ダッシュボードを読み込む際にメモリー不足のためにページが完全に表示されないことがあったため、ダッシュボードのメモリー使用量を軽減
  • 自動アップグレードが完了しなかった場合のクリーンアップで誤ってファイルを削除してしまう問題を修正
  • 圧縮に関する問題によりリッチテキストエディターが読み込まれない問題に対処
  • 明示的な権限チェックを行わないプラグインに対するセキュリティを強化
  • 権限グループ名の翻訳を修正
  • wp_page_menu() がページタイトルではなくユーザーの指定したメニュー順序をデフォルトに
  • アップロードエラーのメッセージの間違いを修正
  • 一部の IE ユーザーに発生していた自動セーブのエラーを修正
  • プラグインエディタのスタイルバグを修正
  • SSH2 ファイルシステムの要件を更新
  • デフォルトの送信方法を cURL に差し戻し
  • mbstring.func_overload に関する問題を修正するため、翻訳ライブラリを更新
  • インラインスタイルサニタイズを厳格化
  • メニューのセキュリティを強化
  • ブラウザー不適合のためコードハイライトの利用を中止
  • RTL レイアウトを修正

全ての変更点を確認されたい方は以下より参照ください。
WordPress trac

Movable Type 5

IT MEDIA NEWSより

シックス・アパートは7月8日、「Movable Type 5」(MT5)を発表した。多数のメンバーで運営するソーシャルメディアなどにも対応可能で、ブログ管理ソフトから「ソーシャルパブリッシングプラットフォーム」に進化したのが特長としている。8月上旬にβ版を公開、10月に正式リリースする予定。

価格を改定し、「基本ライセンス」(1サーバ・5ユーザー)は従来は5万2500円だったが、6万3000円になる。新たに利用ユーザー数の上限を無制限とした「サーバーライセンス」を設ける。価格は12万6000円。10月予定の正式出荷日までの先行価格、MT4とMT3ユーザー向けの優待価格も用意する。

これまでのブログCMSにとどまらない、「ウェブサイト運営の新標準」を謳っているようです。目的にそったウェブサイトを、誰もが、作れる、配れる、利用できることを目標としているみたいですが、果たしていかに。これに関しては、Wordpressでもそうですが、やはりある程度の知識がないと厳しいところでは。ただ複数のユーザーが参加・管理できるといったソーシャル的要素の強化は期待できそうですね。

価格を掲載していますが、個人利用の場合はライセンス料は無料です。(公式サポートは受付なし)