Mobile Eye+のメニューを改造

WordPressを携帯ブラウザから閲覧できるようにするプラグインMobile Eye+

用意されるテーマにはメニューというブログ内検索や、ページ一覧を表示する機能が備わっています。

ワタシはデフォルトにはない「タグクラウド」をメニューに入れてみたりしてカスタマイズしたりしていたのですが、今日はメニューにある「ページ」をあるものに変更。

PAPALOGは記事のみの構成となっており、ページは作成していないため、メニューにあっても意味のない状態。

単純に削除するのもアレなので、他のものに活用してようというのが今回の目的。

よくブログの機能などに見られる。「最近の投稿」や、「最近のコメント」。前者は元々メニューに組み込んであるので、後者の「最近のコメント」が表示されるようにしてみた。

Commented entry listというプラグインをカスタマイズ。ちょっと古いプラグインだったので、ちゃんと動くかどうか心配だったけど、とりあえず動いているので良しとしよう^^

追記:
結局、アレコレ作業しつつも正常に動かず^^;
つーわけで元に戻すという根性なしw

WordPressでのページ毎に異なるタイトルの出力方法

これはもう色んなサイトで紹介されているだろうから、今さらウチが紹介するまでもないけど、携帯から閲覧した場合のヘッダー部分に、ページ毎に異なる表記を出力するようカスタマイズしてみたので紹介しておきます。

もっと分かりやすく言うと、PAPALOGを携帯から閲覧した場合、Mobile Eye+というプラグインを介して、携帯電話のブラウザ用に最適化したページを出力するようになっていますが、ヘッダー部分には常にPAPALOGと味気なくテキストが常に表示されるようになっていますが、ここを記事のタイトル名やカテゴリ、タグ名などに切り替えるというものです。

<?php if(is_single()) { ?>
 <?php wp_title(''); ?>
<?php } elseif(is_category()) { ?>
 <?php single_cat_title(); ?>
<?php } elseif(is_tag()) { ?>
 <?php single_tag_title(''); ?>
<?php } elseif(is_date()) { ?>
 <?php the_time('Y.m'); ?>
<?php } elseif(is_search()) { ?>
 <?php _e('Search Results'); ?>
<?php } else { ?>
 <?php bloginfo('name'); ?>
<?php } ?>

上記のコードをタイトルを表示させたい箇所に記述。
コードの意味としては、

  • 記事のタイトルを表示
  • カテゴリ名を表示
  • タグ名を表示
  • アーカイブでの月日を表示
  • 「検索結果」というテキスト表示
  • 上記以外の場合は「PAPALOG」を表示

という感じに出力されます。
検索結果は、検索語句も一緒に出力されるようにしたかったけど上手くいかず。

これ実際は、

<?php wp_title(''); if(wp_title('', false)) echo ' - '; bloginfo('name'); ?>

という一行のコードで済むハナシなのですが、ワタシの場合イチイチ「PAPALOG」というタイトルがくっ付いて来るのが嫌なのでややこしくしたという話。

もちろん実際に表示されるところだけでなく、ブックマークした時などに表示されるタイトルにも反映されるようhead内の<title>***</title>に記述するのもオススメです。